姫路市飾磨区の
整体院の患者さんです。

右腕から首が痛い男性です。

親指人差し指中指に
気持ち悪いしびれを感じているのです。

胸から腰にかけて
昔から痛みがあったと訴えるのです。

最近そんなパターンを
多くの患者さんに診られるようになったのです。

それは「寝スマホ」です。

寝ながらスマホでLineや
ネットゲームをされているケースです。

この男性は
タブレットで行っているのです。

若い方だけではなく
最近は中年層もされているのです。

スマホの操作で
少指や薬指をひっかけているのです。

長時間やっていると
指の問題が発症してくるのです。

腱鞘炎やバネ指などがそうです。

手首の痛みも
「寝スマホ」のダメージがあるのです。

そのことに
気が付くと方が少ないのです。

手首が固定した状態で
肘や肩関節に無理な負荷がかかるのです。

関節の動きを
正常に調整しているのです。

整体の調整をしても
生活習慣を修正しなければ治らないのです。

治るまでしびれは少し時間がかかるのです!

今日も最後までお読みいただき感謝いたします!!

☆患者さんの声です。

右腕の親指、人差し指、中指に嫌なしびれを感じています。

もともとぎっくり腰で別の整体院に行っていました。

今回は職場の同僚に辛いのを話していたら主人の行っている所を紹介してもらいました。

自宅から遠くですがこの嫌なしびれは治したいです。

先生が「寝スマホ」「寝タブレット」が原因ではないかと言われてビックリしました。

思いもしない原因なのですが話を聞いて納得しました。

モデルを使いいろいろと説明をしてくださいました。

ゆっくりわかりますかと確認して説明される先生にはさすがと思いました。

原因が分かったので「寝スマホ」「寝タブレット」の時間は少なくしています。

紹介してもらい先生に会えて本当に良かったと思っています。

週に一度しか行けませんが続けてみようと思っています。

nakao-g1

大きな地図で見る